作り方「ピアニカ入れ(基本型)」

ピアニカ入れ(基本型)の作り方

できるだけわかりやすい説明を心がけていますが、よくわからないなあという点は お気軽にお問合せ
ください。 ※ここでは縫い方の一部を省略しています。詳しくは基本型の作り方をご参照ください。

<完成図>

手提げの応用編です。レッスンバッグ基本型の横幅を広くし、まちを作り、ふたを付けたものです。

荷物の多い日に便利ですし、ハードケースが付属されている場合も、ケースの保護になります。簡単なのでぜひ作ってみてね。

<材料と用具>

「高さ23cm×巾53cm」の必要量
キルティング :巾0.7m×長さ0.5m
糸(60番)、マジックテープ 5cm
持ち手用アクリルテープ 0.7m(2.5cm巾)
ふちどり用のバイアステープ 40cm

裁ちばさみ・糸切りばさみ・チャコペン
定規・アイロン定規・まち針・目打ち
ミシン・アイロンなど

※サイズについて:ヤマハのピアニカ(32鍵盤)の場合、ハードケース(456×173×58mm)ごと入れていただけるサイズです。

1.生地を裁ちます

直接布に線を引いて、右図のように裁断します。アクリルテープは35cm×2本に切ります。

ふたは角2箇所を丸く切り落とします。ガムテープなどを型にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンポイントあどばいす1
兼用の大きな手提げにしたい場合は深くすると良いですよ。見本完成品は縦23cmなので、裁断するサイズを縦70cmにすれば、縦33cmの(10cm大きな)袋にできます。

2.ふたを作ります

下図のようにバイアステープで3辺を縁取ります。 ①バイアステープを広げてまち針を打つ。
②ミシンで縫う。③テープでくるむ。④裏にまち針を打つ。⑤まつり縫い。⑥マジックテープ付け。
「通園かばんの作り方」のほうがバイアス始末を詳しく解説しています。参考になさってね。

残り1辺は、ほつれ防止のためふちかがりしておきます。

3.本体を袋状に

本体は4辺とも布端をほつれ防止処理(ジグザグかロック)してから図の位置にマジックテープを縫い付ます。

次に、下図のように半分に折って、両脇1cmのところを縫います。

底にまち4cm縫ってください。
※まちの縫い方はシューズ入れ(基本型)をご覧ください。

 

 

 

 

    

4.ひっくり返してふた付け

ひっくり返して、アイロンで脇の縫い目を開き、袋の口は2cmの位置を折ります。周囲をまち針で留めるときに、ふたも留めます。片側の中央に来るように気をつけて。

  

袋の口周囲は端から1.5cmのところを縫います。これでふたも同時に縫い付けました。さらにふたのところだけ、端から1~2mmのところをもう1本縫い、しっかりさせます。

  

5.持ち手を付けて完成

ふたの左右に1cmずつ間隔を空けて、持ち手をまち針で留めます。反対側の持ち手も同じ位置に留めてください。図のように四角に縫い付ければ完成です。

  

 

いかがでしたか?

※ご感想・ご意見などお寄せいただけるとうれしいです(コーナー作りの参考にさせていただきますのでよろしくお願いいたします)。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらへどうぞ。


矢印「超簡単レシピ(作り方)メニュー」へ
矢印前「手提げ&上履き入れ(裏付き)」へ 次「ピアニカ入れ(裏付き)」へ矢印