作り方「巾着袋(基本型)」

巾着袋(基本型)の作り方

できるだけわかりやすい説明を心がけていますが、画像と文章だけの説明ですので、どうしてもわかりにくい点があるかと思います。ご不明点は お気軽にお問合せください。初歩的な質問大歓迎です!
ソーイングに苦手意識をお持ちの方にも気軽にチャレンジしていただけるとうれしいです。

<完成図>

基本型とはいえ、巾着袋は通園通学グッズに欠かせません。
大きいサイズなら、体操着や着替え入れ、エプロン入れ、シューズ入れなどに。
小さいサイズなら、コップ袋やマスク入れ、細長く作ればリコーダーやものさし入れにもなります。

基本の巾着袋の作り方をマスターするとサイズを変えるだけで何種類も作れます。

まずは両引きタイプの巾着袋を作ってみましょう。生地は薄手でも中厚手でもOKです。

<材料>

布・糸(60番)・ひも
今回はシンプルに1種類の生地を使いますが
無地と柄との切り替えにしても良いですね~

<用具>

裁ちばさみ・糸切りばさみ・チャコペン
定規・目打ち・ゴムひも通しなど
ミシン・アイロンもスタンバイOK?

1.生地を裁ちます

出来上がりサイズに縫いしろをプラスして裁断します。 例えば「高さ30cm×巾27cm」の袋を作りたいときは、縫いしろは左右に各1cm、上下に各3cmプラスして裁ちます(下図の水色部分が縫いしろです)。 裁断するサイズは「縦66cm×横29cm」となります。

ワンポイントあどばいす1
面倒なようですが、一つの工程が終わるたびに、アイロンをかけておくと次の作業がしやすくなり、出来上がりもキレイ。

2.布端の処理をします

布の左右の端(袋の脇になるほう)にジグザグミシンかロックミシンをかけます。

端処理の縫い目や布全体をアイロンで整えておきます。


3.印をつけます

いよいよ「縫い」に入りますが、その前に印をつけましょう。

布を中表(布の表面を内側にして重ねている状態)に半分に折り、上から8cmの位置に「開き止まり」の印をつけます。
そして布端から1cm内側にも縫う線を引きます。
(右画像の赤い点線部分参照→)

慣れてくると「開き止まり」だけ印を兼ねてまち針を打っておけば、線を引かなくてもまっすぐ縫えるようになります。

ワンポイントあどばいす2
線を引かなくてもまっすぐ縫うコツは…ズバリ!
布端をミシンに刻印されているガイドライン(機種によりますが5ミリ間隔のマス目状のものなど)の1cmの位置に合わせて縫うこと。
(右下の画像参照ください→)。
お使いのミシンにはガイドラインが付いてない?でも大丈夫。
例えば布端から1cmの位置を縫うとき、布端がご自身のミシンの押さえのどのへんに来るかを一度チェックしておいて、いつもそこに合わせて縫うようにすれば良いのです。家庭用ミシンの押さえの幅は広いので縫い代をあわせやすいです。
但しミシンの針先ばかりに集中しすぎると、案外まっすぐに縫えないので気をつけてね。

ワンポイントあどばいす3
ミシンによっては自動で返し縫いする機能付きもあります。プラス自動糸切り機能も付いていると縫い始めに返し縫してスタートし、縫い終わりも返し縫いしたあと自動で糸まで切ってくれます。=結構使える機能です♪

4.両脇を縫います

「3」で印をつけた開き部分を残し両脇を縫います。
「縫い始め」と「縫い終わり」はほつれないように
それぞれ3目~5目程度返し縫いをしておきます。


5.開き口を作ります

「4」で縫い合わせた脇の、開き部分も含めて上から15cm程度の縫いしろをわって、アイロンをかけます(右画像→)。

次に、わった部分にミシンをかけます。裏側から下図↓の赤い点線のように「コの字型」に縫います(実際に縫っているのは右下図参照ください)。
オレンジ色の点線の順で縫うと良いでしょう。

 

 

      

6.ひも通し口を作ります


開き口が縫えたら、袋をひっくり返し表を出します。このとき袋の底の角を、目打ちでしっかり引き出してやると完璧です。
←こんな感じにね。

 

次に、袋口の縫いしろを三つ折りにして、ひもを通す部分を作ります。
アイロンでしっかり折り目をつけると縫いやすいです。↓


  


折り目をつけたところ(←左画像の赤点線の位置)を縫います。ひもを通す幅が狭くならないように、縫いしろから落ちないようにゆっくりミシンを進めて…。返し縫いも忘れないでね(ほつれ防止)。

7.ひもを通して、完成です

下の画像をご覧ください。両引きにするときのひもはこのように通します。

 

ひもを通せば…いよいよ完成の瞬間です。
完成図は右に→

どうもどうもお疲れさまでした~ッ!


どうでした?疲れました?イヤになっちゃった?想像より楽しかった?…ら、うれしいな。

ワンポイントあどばいす4
両引きの場合は、2本のひもを通すことになるのでひもを通す部分には余裕が必要です。
細いひもの場合は1.5cm~2cm、中くらいの太さで2cm~2.5cmあればいいかな。大きなサイズやキルティングで縫うときは太いひもを使うと思います。その場合は3cm以上必要です。
三つ折りする部分も必要なので、縫いしろをとるときに寸法に気をつけてください。

 

※ご感想・ご意見などお寄せいただけるとうれしいです(コーナー作りの参考にさせていただきますのでよろしくお願いいたします)。
お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらへ。


矢印「超簡単レシピ(作り方)メニュー」へ 次「巾着袋(持ち手付切替型)」へ矢印